靴にはカビが生える

実は、靴にカビが生えてしまうことがあります。同じ靴を毎日履いている場合は、カビが生えにくいです。しかし、そのような方は少ないのではないでしょうか。特に、プライベートで履いている靴の場合は、どうしても毎日履くわけにはいきません。長い間、ずっと靴箱の中にしまっておくこともあるでしょう。そうなると、靴の中にどんどん湿気が溜まっていってしまいます。それが、最終的にはカビが生えてしまう原因となってしまうのです。

カビというのは、布にも生えることがあります。湿気のあるところが大好きなため、カビ対策をしたいならば湿気に気をつけなければいけないのです。あまり自覚しないことが多いのですが、足も汗をかきます。その状態で歩いていると靴にどんどん汗が吸収されてしまうでしょう。自分でも気がつかないうちに、靴に湿気が溜まっていってしまうことがよくあるのです。その状態を放置しておくと、カビの菌がどんどん繁殖していくことになります。

靴にもカビが生える可能性があることは理解しておくべきでしょう。靴の湿気に対して、無頓着な人はたくさんいるのです。だからこそ、そのような人は靴のカビに苦しめられることになってしまうのです。万が一、靴にカビが生じたら靴クリーニングを利用しましょう。